2017年4月18日火曜日

選ぶスキルを





雨の日曜日。
娘と2人、折角の日曜日なのに、、、と意気消沈して目覚めたのですが、
思い立ったようにぷりきゅあムービー見に行こうとシネマサンシャインへ。

同じ頃の友人の子供たちは、初めての映画館といえばディズニープリンセス的な
グローバルでインテリジェンスな感じなのですが、
ウチは完全にぷりきゅあです。
モアナ見ようよーと打診しても、断固として譲りません。
もちろん親に似たのでしょう。
すべてを受け止めます。


雨の日曜日なので映画館は混んでいます。
チケットを買うのに並ぶ、
上映時間まであてもなく時間をツブす、
入場するまで並ぶ、
上映開始まで、座って待つ、
そういった全てがトレーニングだと思います。
そして人生初の映画館というモノ、彼女の眼にはどう写ったのでしょうか。

「トっちゃん!話に聞いてたより広くナイネ!」と言ってました。
入場時にキッズには小型のうさぎ型のペンライトが配られました。
上映前に画面の中のプリキュアからお話があって、
プリキュアがピンチの時に合図を出すからみんなでペンライトを振って応援してね
と、そんなライブ感を。

そのプリキュアが合図するピンチの時っていうのは、上映中1度か2度だったのですが、
子供たちは怖いキャラがでてきた時や、心細くなるようなシーンの時に
それぞれ勝手にペンライトを振っていて、面白かったです。
映画の内容はよく分かりませんが、
変身したあとの朝日奈みらいが超絶かわいくて驚きました。




映画の後はビックカメラのおもちゃ売り場へ。
やつ、軽く1時間位はいます。
私の知る限り、どこのおもちゃ売り場にも休憩用の椅子やベンチがありません。
あればとても助かります。親が座るのに。
敢えて無いかもと思いました。
お疲れの親は、早く行きたいので観念しておもちゃを買うのかしら。

私と娘の間で “大きいオモチャはナシ“ という決まり事があります。
娘は都度都度 「トっちゃん!これは大きいかな?」
「これはサスガに大きいよね~」 と聞いてきます。
たまに小さいのに100USドルを超えるスマホを模したオモチャもあり、
それは高いからダメとします。
大きいのに安い、だけど一瞬で飽きるようなしょうもないおもちゃもあります。
この辺の説明が意外と難しいのですが、ちゃんと説明をしてあげたいのです。
大きいからダメ
高いからダメ、
あたまごなしにダメ、だけでなく
彼女に理解できるように「ナゼだめか」。
逆にどういうモノなら良いのか。
正しくて本当の理由を。


そのトレーニングは小さい時から必要です。
おもちゃ、洋服、文房具、靴、カバン、自転車、
大きくなるにつれ、遊び、部活、恋人、バイト、バイク、進路、住まい、仕事etc
と選ぶという事を繰り返して生きていく彼女に
少しでも参考になればと。



そんな雨の日曜日でした。

娘の初の映画館、それに合わせて私の初めてみた映画。
記憶のなかでは香港パラダイスのはず。
1990年
もっと幼い頃にドラえもん映画など見させてもらったかもしれませんが、
記憶にございません。


2015年1月 正しくて本当の理由

2017年4月11日火曜日

子供自転車


 4歳、娘は私の自転車の後ろのキッズシートに乗っていました。
自身の14インチの自転車に乗るのは、公園内やサイクリングロードがほとんど。
それは練習にはぴったりだったと思います。

5歳、最近はもっぱら彼女の自転車との2台体制で出掛ける事が多くなりました。

この黒いジャンパーは先日書いたpatagoniaに代わって手に入れた
イトーヨーカドオリジン的なやつです。
私的にはトホホですが、彼女は気にいってます。
私の自転車で二人乗りの時は、半径5~6km位は行動範囲があって色々な公園に行ってたのですが、さすがにまだ彼女のライディングスキルと脚力では2~3km程度がやっとです。

もちろんなかなか危ない通りや交差点もありますが、
少しづつ少しづつ、練習も兼ねて走っています。
 本当に心配なのですが、周囲のお姉ちゃんたちを見ると、
小1・小2にもなれば一人でじゃんじゃん自転車で走ってるので、
その前にすこしづつ危険という事を教えたいと思っています。





黒目川の川沿いに、新しく22J TERRACE というカフェ兼駄菓子屋が出来ました。
リバーサイドで前面道路はほぼ遊歩道というロケーション、
テラス席、
コーヒーとビールと、子供も楽しめる駄菓子屋。
憧れしかないです。

いや、憧れと同時に嫉妬しています。
私は人が集まるスペースを作ることが夢なのです。




2017年4月5日水曜日

SUBARU




ガソリンとオイルを漏らしながら走るような、
というか実際に漏れている車に乗っていて、
オイルに関しては50日位でオイルゲージのLOWラインに触れない位は減ってしまいます。

いつもは自分で追加で注いでいたのですが、
ビニ手、ペーパータオル、オイル、オイルジョッキ、ウエス、、
と準備して、そして片づけも意外と面倒なので、
カー用品店で、メカニックさんにスパっとオイル追加してもらおうと、
イエローハットに行ってみました。
何十年振りだろってくらいのカー用品店です。
それは大袈裟ですがなるべく近寄らないように暮らしています。
それにしてもこの辺の自動車カルチャーってなんでこんなにダサいんでしょうか。
発信される光線が全てツラいです。


オイル交換でなくオイルの追加って作業もやってくれる事を確認し、
ピットサービスを申込み、車のキーを預けました。

何分かするとメカのお兄さんが戻ってきて、
お客様の車は整備不良があるから、ピットイン出来ません、サービスを提供できません。
との事です。
車検証のシールがどうだの、ホーンボタンがどうだの との事です。
なので、オイルジョッキをお貸しするから、
ご自身で、駐車場で、オイル注いでください ですって。
いつもと変わらない、それじゃ。
リヤエンジンです。

確か20年ほど前でしょうか、
車もバイクも整備不良車両はピットサービスお断りって風潮は見えてきましたが、
そのルールはしっかり施行されて無かったと思います。
久々にカー用品店行ってみたらそれが具現化されてて、社会の進歩を感じました。
もちろん大賛成です。

18歳で免許を取って安い中古車に乗る。
あの頃40歳とかって、それこそン百万する車に乗れてると思っていましたが、
全然そんなことなく、
恥ずかしながらガソリンとオイルが漏れて、
エアコンの一切効かない整備不良とされる車に乗っています。
申し訳ございません。

クラシックなチャーハン、それの大盛りって堪らないです。


華風伝のチャーハン
https://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12004015/
ここ10年20年、ラーメン専門店が流行りましたけど、
最近は一周まわってフツーの中華屋がいいですよね。


2017年3月31日金曜日

年度末



3月。今回の確定申告は、3回目ということもあって、
かなり順調に進みました。

色々詳しくなってきて、楽しさすら垣間見えるようになり、
時期がやってくるのが恐ろしかったこの業務も、次回はより楽に遂行できると思います。

5歳が発行したりょうしゅうしょ
にごはんわくす
ほだい

と言いつつもその業務の中で一番苦手なのが、経費の計算です。
一年分の領収書を、1枚1枚足し算し、合計を出す という恐ろしい業。
私が最も苦手とするそのヒタスラ足し算を、なんと母親にやってもらいました。
my mother です。
これが本当にスマッシュヒットでして、
おかげでスムーズに確定申告業務が進みました。
本当にありがとうございます。

色々な人のお世話になって生きています。


会社員時代、チームで仕事をする、チームで業績を上げる、
という事を意識して仕事に従事していた私は、
【自分にしか出来ない仕事】
【他の人でも出来る仕事】
【他の人にしか出来ない仕事】
を分けるクセがついています。

私の友人で、経費計算を奥さんに任せたら?と提案すると、
領収書やレシートを奥さんに見せたくない という男がいるのでしょうが、
どういった事情があるかは深くはツッコまないでおきましょう。


3/1に申告書の作成完了
3/2に提出完了、税金の納付も完了

3/15の締切より余裕を持ってコンプリート出来ました。
ありがとうございます。

みなさん忙しい年度末、
もれなく私も楽しいエキサイティングな遊びは出来ていませんが、
最近は仕事自体が楽しくて、作業自体が楽しくて、全く苦にならない状況です。
どうしちゃったんでしょうか。





それでも早く暖かくなってほしいですね。
10年位考えていたmont-bellのメッシュバッグ、満を持して購入。
熟考ぶりのアピール、うるさいですね。
春や夏にこれに遊び道具詰め込んで、子供と公園とか川とか行くの楽しみです。

どこかで聞いた話だけれど、
mont-bellは同じ製品をずっと作り続けるってスタイルらしい。
その代わりといってはなんだけど、新製品は少ない とか。
非常に好きです、そういう感じ。

みなさま、夏の準備を。







2017年3月21日火曜日

開業の頃に妻を思ふ

2014年の夏、会社員を辞めた私はフリーランスとなり、営業活動を始めました。

真新しい名刺と、
自作の自社資料と、
自社ロゴの入ったノベルティを抱えての、飛び込み営業を始めました。

100ccの原付に資料を満載にして、地元の会社さんを廻りました。
会社員生活は20年近くやりましたが、営業なんて初めてのことです。
しかも飛び込みです。


少し離れた所に原付を停めて、
ドキドキしながら先方の会社・事務所を見渡して、勝手口を探して。

チャイムを鳴らす。
ほぼ、門前払いですよね笑
みなさん忙しく仕事をしている途中です、
そこへ突如来るセールスなんて異物でしかないでしょう。
それでもなんとか名刺と資料とノベルティを受け取ってもらい、
心打ち砕かれて退出します。

こういう辺りで、心折れる方もいるのでしょうが、
幸い私は鈍いので、ブッコミ魂だけはありました。
幼少期転校を重ねた私は、アウェイにぶっこむ事は、やらねばならぬ事でした。
そーしないと友達がいないから。

飛び込み営業、中にはとても親切に対応してくださる方もいて、
人に優しくされた時、自分の小ささを知りました。

毎日毎日営業活動、それと新しい什器設備材料の勉強、
たまに安い下請けの仕事。

不安しかありません。
このやり方で仕事がもらえるのかどうかも分かりません。
たやすく受注できる下請けの仕事は積極的には受注しないでおきました。
ここで下請け仕事に頼ると、下請けばかりのフリーランスになる恐れがあったからです。

不安な日々を過ごします。


そんなある日、一本の電話が鳴ります。
確か夜の19時か20時頃。
携帯に表示されている電話番号は知らない番号です。

二合半worksの森です
まだ言い慣れぬ屋号で電話に出てみると、電話の相手は営業で伺った会社の方でした。
社に置いてあった資料をみて電話してくれたとのこと。
そして、この電話で仕事を発注してくれました。

初めての受注でした。鳥肌が立ちました。

営業活動を始めて2週間ほどたった頃だったと思います。


電話を切り、うおー!と叫んだような気もしますが覚えていません。
すぐに隣の部屋にいる妻に話しました。
すると妻は、笑いながら泣いて、喜んでくれました。
そして褒めてくれました。泣きながら。

妻が泣いて喜んでくれるなんて驚きました。

会社を辞めてからそれまで、彼女はそんな素振りみせなかったからです。
思えば、旦那が会社員を辞めるなんて不安しかないですよね。

この時私は思いました。この妻と一緒で幸せだ、最高の人だと。

色々な方のお世話になって生きています。



その妻は先月の2月の節分で福豆にハマり、箱買いしてます。
毎日1袋食べてましたが、大丈夫でしょうか。



2015年7月
父の日に妻を思ふ

http://forestmorishi.blogspot.jp/2015/07/blog-post_13.html



















2017年3月17日金曜日

シクロクロス東京2017


例年通り、何故かシクロクロス東京へ。

妻も娘もシリアスよりなレースであるシクロクロス東京には興味がありません。
観戦もそこそこに、お台場海浜公園のお散歩です。
 妻は海が好きで、その流れでお台場海浜公園が好きで、
と言っても年に1度でも行けば充分で、
それがきっかけでシクロクロス東京に行く感じになっています。

そんな適当な感じですが、何故か初回から毎回行ってる気がします。

私は美女アスリートいうジャンルが大好きなので、
サイクリスト女子も大好きです。
こうなってくると、ズームのカメラが欲しいです。
人生初のNikonを買う理由がサイクリスト女子かもしれません。


レース自体には興味のないシクロクロス東京ですが、
それでもサイクリストでない一般の方も見に行くと絶対楽しいと思います。
世界のトップライダーの走りとか、身体とか、バイクとか、
鍛えられたスポーツマン、スポーツウーマンは、見ていて清々しい気分になります。
外国人ライダーとか本当にカッコイイし、尋常じゃなく美しい。
見ていて惚れ惚れします。

それはおすもうさんを見に大相撲に行ったり、
錦織くんを見にテニスコートに行ったり、
Jリーガーを見にサッカースタジアムに行くのと同じ感じだと思います。
私は50歳のカズのプレイを見たいです。

アスリートに敬意を表します。


2017年3月9日木曜日

ノスタルジック



2014年、夏の終わり頃。
会社を辞める事になり、
最終出勤日に神楽坂にある本社に行ったのです。
お世話になった社長や専務らに挨拶しにです。

その日は同時に、
退職にまつわる事務的な手続きもするために某幹部職の方とも打ち合わせをしました。
そこで某幹部職は言いました。
“全国でダントツ一番残業が多い人間が辞めるんだね笑” と。
ここでいう多いというのは、残業時間申請が多いという意味です。
私の実際の勤務時間は、私と同じ役職の人間と比較したらかなり少なかったと思います。
週の半分は17時退社目標、もう半分は20時退社目標でした。

なので、驚きました。
そんなにみんな残業付けてないんだと。

もう一つの驚き。
それは私の直属の上司の事です。
その上司は私に対し、残業時間の事を指摘することは一度もありませんでした。
先の某幹部職の言葉から想像するに、
私の上司は、その上の上司や取締役からもしかしたらなにがしかの指導や説明を求められる事があったかもしれません。
なかったかもしれません。

それを部下の私へは何も言わず、彼の時点で解決消化していたのでしょうか。
色々な人のお世話になって生きています。


・・・


そのお世話になった会社の前を、つい先日通りがかりました。
会社というか、当時我々現場の人間が使用してた工場です。

なんと、建屋の解体工事が始まっていました。
 既に中は空っぽでした。
木の外壁も剥がされています。

別になんとも思っていないと思っていましたが、
解体の様子をみると、寂しいですね。
全然なんともなくないです。
 十何年か過ごした工場です。
次にここを通る時は、もう更地かもしれません。

この場所で出会った仲間たちは今でも仲良くしてますし、
忘れられない職場です。
いま私が事業を営んでいられるのも、
この会社で知識や技術を勉強させてもらえたからです。

この会社は業界内では評判が悪いこともあるようで、
開業してから出会った方の中には、この会社出身であることは伏せておいた方がいいと言われることもあるのですが、
本当にそんなのは関係ありません。
人によるでしょう。

愛社精神とかと思われるのは気持ち悪いので記しますが、そういうのは一切ありません。
会社員時代、とある会議中そういった精神論を持ち出した方がいたので、
愛社精神とかは不要だ
会社と社員は労使の関係だ
労働する者と使用する者、労働力と給料のトレードの話だ
と言って、議会を凍りつかせた事があります。


工場から歩いて2~3分、社用車を置いていた通称「砂利駐」も行ってみました。
ここは私が在籍してた頃にアスファルトに整地されたけど
それでも「ジャリチュウ」という呼び名は変わりませんでした。

そして歩いて1~2分、旧本社も見ました。
この正面玄関はあまり馴染みはありません。


なぜなら我々現場の人間は、裏の通用口を使っていたからです。
仕事の途中に車を停めて、プラッと散歩しただけですが、
ノスタルジーに浸ってしまいました。

この記事を自身で読んで思う事は、
考え方が会社を辞める人間のモノだな~ と。
そして、辞めた会社の悪口言う人っていますけど、聞いててツラいですね。
いっときでも、お世話になっているのですお互い。