2018年10月15日月曜日

巾着田 1/2






8月の盆も過ぎた頃の平日です。


埼玉(の近い系)のデイキャンプの雄、巾着田に行ってきました。
我が家からおよそ30kmです。
1人です。
予約なしでフワっと行ける場所で、
休日はデイキャンプ・バーベキューで大混雑のようですが、
宿泊キャンプに関しては、それほど混んでないような情報もあります。

そのため東京や埼玉のキャンプ好きはもちろん、
ODブランドの人が、新製品を試しに来たりもする場所のようで、
昼と夜で雰囲気が異なるのかもしれません。
凄いネイチャー感を味わえるとも思いませんが、
フワっと思い立ったように行けるのは便利ですね。


今回の目的は、1人バーベキューと、今度家族を連れてくるときのための下見です。
下見が大好きです。


駐車場、平日とはいえ夏休み期間だからでしょうか、そこそこ入っています。
全体の3割か4割ほどの入り。
もっとガラガラかと思っていたので、ちょっと一人が恥ずかしいです。

現地の看板
川の流れが大きく迂回しており、その様子が巾着のようだから巾着田。
メインの入場口は地図左側(西側)です。
左側に見える P の文字。それが駐車場です。


地図からもイメージ出来るかもしれませんが、すぐにバーベキューやキャンプが出来る河原に降りれます。
いい塩梅で空いていますね。
私は園内全体の距離感を知りたかったのと、
空いているスポットでのんびりしたかったので、ここから川沿いに歩いてみる事にしました。



そのまま河原を歩くことも出来ますし、
ちょっと陸に上がった遊歩道を歩いても、木々の隙間から河原を見ながら歩けます。
バックパックを背負いクーラーボックスを抱えたまま、一人でポイントを探します。重いです。
ソロ道具でもなかなか重いので、家族や仲間たちと来るなら何がしかのカートが必要ですね。



西側の駐車場から離れれば離れるほど人がいなくなります。
中間地点を過ぎたあたりのドレミファ橋。
駐車場からは徒歩10分弱ほどだったような。



こういった平日誰もいない河原が続きます。
園内東側(地図右端)のあいあい橋を目指しています。
前回5月に、父親会と称し友人4人で行った場所が良かったので、そこをもう一度覗いてみたかったのです。

その時は直接公園東側から入ったので、園内を通って行くとどういう感じか知りたかったのです。


で、あいあい橋到着、西側駐車場からは徒歩15分程かと。
逆にここまで来ると3~4組のファミリーがいました。
それでも西側よりは全然空いています。
浅くおだやかな所もあるし、大きな岩や深い所もあり飛び込みもしてる子供達もいます。これは楽しそうです。

こちらエリアの難点は、トイレがボロいんですよね。
西側や中央のメインエリアのトイレはログハウス調の新しいトイレですが、ここにあるトイレは古いです。
あまり人が来ないエリアなので、予算も後回しなのでしょうか。



あいあい橋エリアはファミリーさん達がキャッキャしてて私はちょっと寂しいので、来た道を少し戻りました。


西側(地図左側)の駐車場から歩いて、あいあい橋ちょい手前。
この日の一番空いてるスポットです。
“ ここをキャンプ地とする ”


到着して最初にやる事は、お米を水にひたす事です。
野外炊飯のコツは、強火だ中火だ音を聞けとか色々言われていますが、
とにかく1時間水にひたしてから炊くとまず大丈夫だと思っています。
火加減も大体でいいです。
ちなみに兵式飯盒は難しいと思います。
火の行き渡り方をイメージしてみてもちょっと無理がありますよね。
私の使っているのは普通のクッカーでして、
こういった鍋っぽいのがいいと思います。



炊飯のグリルはSOTOのヘキサです。
薄いステンレスパーツ8枚を組み上げると、
6角のグリルになります。


これに炭火を3~4コロ入れて上に鍋を置いて放っておけば、炊飯も湯沸しも出来ます。

もちろん薪(小枝サイズ)でも使用できますが、
薪は燃焼が速いので、ちょくちょく継足してあげないとならないので、炊飯には炭の方がいいかもしれません。

1人デイキャンポ。
自分のペースで色々できるので、これはこれの楽しさがあります。





巾着田ソロの話、次回に続きます。


(5月の父親会での巾着田)
↓↓↓
http://forestmorishi.blogspot.com/2018/05/blog-post_28.html

2018年10月11日木曜日

ステルス野宿 ギア編



今季導入して、先日のステルス野宿でも使った道具たちの事。


snowpeakのお皿というかボウルというか。
このサイズがいいのです。
ごはんにもおかずにもスープにもサラダにもカレーにも使えます。
上面投影面積が小さい事が重要で、テーブルの上に置いても大きく場所を取りません。


3人家族なので3つ購入しちゃいます。
1人でも2皿3皿使うのも便利でいいんですよね。
とはいえ家族3人でキャンプに行けることは稀です。
というか行った事ないです。
早く妻と娘と一緒に行きたいですね。





シエラカップ
使ったことの無かったシエラカップが素晴らしく使いやすいことに気付いたのは今季です。
前述のsnowpeakのボウルと同じですが、何にでも使えます。
特にシエラカップになると「取り皿の機能」ですね。
取り皿ってあれです、大皿台湾料理屋さんで取り皿くださいのあの取り皿です。





3人家族なのでユニフレームの3種、ステンレス、真鍮、チタンと揃えました。
違いを試してみたくてです。
ユニフレームのシエラカップはお米の目盛と水の目盛が刻まれているので、
炊飯する時にとても便利です。
例えばナルゲンボトルの目盛を見ながら水を注ぐのって意外とスマートじゃないんですよ。


シエラカップはそのまま火にかけれます。
この機能は登山系の軽量装備で山飯を楽しむモノかと思っていましたが、
キャンプでも非常に使えるモノと分かりました。
小分けしてもらったお料理を手元のグリルで保温しながら食べたり、
もちろん再加熱も出来ます。
これはkotubuさんが作ってくれたシャウエッセンとピーマン入りペンネですね。
取り分けた料理を、さあさあ熱いうちに!と急がなくてもずっと暖かい料理が楽しめます。
これが凄い便利です。

ハンドル部は収納の際邪魔じゃないのかな~と思っていたのですが、
それほどでもないし、ハンドルがあるがゆえに火にのせても掴めるのですね。




Platypusのウォーターボトル2L。
今回のように水場の無い野宿の時は必要です。
道中2Lのペットボトル水を59円とかで買っても一緒じゃないかと思っていましたが、全然違います。
当たり前ですが水を使っていくとボトルを小さく畳めるので、帰りの荷物が減ります。
そのちょっとの差がチリと積もります。

それと自分で選択したギアを使うのはテンションも上がりますよね。
platypusの水を使うという行為だけでも楽しくなります。
この製品はオプションアイテムも色々あるので、男子は好きでしょうそういうの。






キャンプと言うのは、

自宅では当たり前のことを野外で行うだけ
なので、

一挙手一投足を楽しむような工夫というか道具というかが私には重要です。

さあ、みなさんも買い物しましょう。







2018年10月7日日曜日

ステルス野宿




今夏はバイシクルキャンプに行けるとは思っていなかったので、
急なタイミングで行けて良かったです。
例えば仲間たちでいざ日程を決めようとすると、驚くくらい先になってしまったりもしますし、
逆に今日の今日で「今夜キャンプする?」とかで集まれるのは、フリーランスの利点ですね。
※フリーランスが全員そういう感じでもないので、若者たちは誤解なきようお願いします。
積載方法とか考えて、ロープとかゴムバンドを使って固定して、
そんな my bike を眺めるなんて最高じゃないですか。




8月の半ば、kotubuさんとオット君と3人で、某所にて野宿をしてきました。
冒頭キャンプと書きましたが、正しくは野宿かもしれません。
kotubuさんは軍幕パップテント。ヘビー級なやつ。
オット君はポンチョ(兼タープ)と蚊帳の組み合わせでULライクな寝床。
二人とも個性ありますね。
私は没個性のムーンライトテントⅠ型でした。



キャンプ場ではないので、トイレは近所の公園にお邪魔します。
水は必要な量だけボトルに入れて持っていきます。
最後はゴミはもちろん持ち帰り、燃え殻までもステルス。




オット君の焼いたステーキとか

kotubuさんがメスティンでちゃちゃっと作ったペンネとか

B6君で焼き鳥とか
お酒のツマミが最高です。

それぞれアルコールバーナーだったり、ガスバーナーだったり、グリルだったりを準備して自分の手元で料理をするのですが、
昨今は1人1焼台っていうのがベーシックになっていますよね。



この日は8月なのですが、深夜からなぜか信じられない秋のように気温が下がって、
寒くて眠れませんでした。
昼間はもちろん灼熱だったので、シュラフを持っていかなかったのです。
もちろん予報では寒くなると言っていましたが、とてもそこまではイメージ出来ていませんでしたね。

二度と忘れないようにします。

寒さで眠れない野営は本当に辛い

それに関する荷物は減らすな  です。



翌朝
私はガタガタブルブルでテントから出ました。
kotubuさんも、パップテントは幕の下端が開いているので寒かったと言ってました。
パップテントはシェルターっぽい造りなんですよね。
オット君だけは、シュラフではないのですがダウンの布を掛けて、
エマージェンシー的な銀紙みたいなペラいやつに包まって寝たら、全然快眠できたと言ってました。
本当に羨ましかったです、ダウンもそうだしペラい銀紙も。



体が冷えてしまったので、朝イチで火を起こしました。
生きるために薪拾いをするようなそんなサヴァイバルを体験できました。
この日は私が仕事でして、朝食も割愛し朝8時に解散しました。
物足りなさはありますが、そんな隙間でシャっとキャンプ遊びが出来て良かったです。

kotubuさんオット君ありがとうございます。


手軽な荷物と手軽な気持ちでフワっと外遊びしよう
#grill and charcoal packers



kotubuさんの旧いNAKAGAWAのMTBフレームをベースにロングテール化した自転車。
ステッカーとか、DIY感とか、凄く好きです。
醸し出すオーラをあの言葉を使っちゃうとあの頃感。


中古市場をいつもチェックして、
ノーブレで、
knogの1灯をピカピカっとさせてるだけで、
青山通りを3車線くらいは横っ跳びして駆け抜けるようなあの頃でしたね。












2018年10月4日木曜日

真鶴2018



さあ、ビーチへ。
朝6:15東久留米を出発して、
神奈川県の南西端の真鶴ビーチに到着したのは8:55。

その時刻の出発ですと中央道の渋滞も軽微でして、ストレスも少なく真鶴の岩海岸海水浴場に到着しました。
とはいえ今回は大きなトラブルに巻き込まれませんでしたが、東京アラウンドの高速道路や主要道路っていうのは、レジャー日和の日は事故渋滞も多いので、本当に生ものです。
頑張って早起きして出発しても、1発の事故渋滞で2時間位は一瞬でロスります。
本当に事故は気を付けましょうね。



9時到着ですと、駐車場はガラガラでしたがビーチには結構人がいました。
近所から歩いて来る人達が結構いるのでしょうか。

小さくて狭いローカルなビーチです。
今年は娘の小学校の友達2家族らと一緒に行きました。
事前の打ち合わせでママさんが、子供達が迷子になったりとか心配 と
言ってたのですが、ふと思えば迷子になる可能性はなかなか低いロケーションです。
それくらい狭いし人も少ないです。


この海水浴場は過去2年連続で異常に波が高く、小さな子供達の海水浴がままならない程で、
これはもう真鶴とこの界隈の潮の流れが変わったのかと思う位でしたが、今年はちゃんと波がなくて良かったです。
昨年波を怖がった娘ですが、今年は友達と一緒に浮き輪を抱えて海に突撃してました。
今年波が高かったら、もう真鶴ビーチは行くのやめようと思っていたので、
なんとか持ち直しました私の中で勝手に。




ビーチ左側は岩場になっていて、本来は海水浴禁止のエリアですが、
ちょっとした磯遊び程度ですとライフセーバーもわざわざ注意しません。いい意味で。
ここは10年以上前に妻と2人で来た時にシュノーケリングを楽しんだエリアでして、
泳ぐ魚たちが沢山見れます。
↓あの辺。
それを子供達にも経験させたく、シュノーケルの使い方を教えたらすぐにプカプカ浮きながら海中の魚たちを見せる事が出来て良かったです。

口呼吸を意識してゆっくり息をする 最初は意外と難しいです。

思った以上に子供たちがハマってくれたのはいいのですが、
シュノーケルを人数分準備してなかったのでそうなると一悶着するしケンカするし仲直りもします。



件のNemoのシャワーも最高です。
ベトつく砂浜で真水が使えるってやはり良かったです。
ただこの大きなサイズのシャワーは砂浜よりも、
帰り際の駐車場で効果が大きかったです。

海水浴場の公共シャワーである程度体を流して車に戻ります。
車の横で子供たちはこのポータブルシャワーでもう一度綺麗に体を流して
そこで洋服に着替えたりしました。
洋服に着替える直前に、車に乗る直前に、サッパリ出来るって良かったです。
それと砂まみれのサンダルを洗ったり。

そう考えるとこのNemoのシャワーは車に置いておくのがいいかもしれませんね。
車の横にシャワーを置いて、着替えとかも出来る準備をしておくととても快適です。

逆にビーチにこのNemoシャワーをもっていく必要はないと感じました。
Nemoに入る22L位の水は使おうと思えばいくらでも使えるのですが、
車から重い思いをして運ぶことを考えると、もっと小さい方が良いです。

もっと小さく、蛇口がついているタンクがあれば充分です。
軽く手洗いする程度。

そこで大好きなmont-bell
ウォーターキャリア4L/6L


このアイテムはmat君がキャンプ用に導入しており、完全にその影響ですね。
http://www.masahiromat.com/2018/06/blog-post_6.html

このままですと、来夏導入です。





海遊びのあとは、もう何年もお世話になっているペンションはなへ。
このお宿は、夏のトップシーズンなのにちゃんと安い小さな家族経営。
応援したいですね。


運転手のパパ達は夕飯でやっとのビールです。
真鶴港で揚がった美味しい海産物を頂けます。
こういったディナーの時、大人たちはゆっくり食事を楽しみたいです。
しかし子供たちはものの20分で食事を済まし「遊びたーーい!」が始まります。
このくらいの子供達を抱える親たちは必ずや経験あるのではないでしょうか。
席に着いていなさい なんてソンナノカンケーネーな奴等です。


そんなときもこの宿が良いのは、館の大きさがなんと言うか丁度よく、
子供達だけで館内をウロチョロさせられます。
子供らに部屋鍵を渡し、先に部屋で遊ばせたりも出来ます。

夏の海旅行。

色々大変だけど、君たちの笑顔を見れると来て良かったなと思います。







翌朝。

私は旅の時はなぜかの早起きで6時前に起きれます。
そして自称丁寧な暮らしが大好きで、昨日のビーチの片付けを楽しみます。
宿のエントランスにある水洗い場で、
サンダル、シュノーケル、Nemoなどを綺麗に水洗いします。
道具の手入れって楽しいですよね。
本当は昨日のチェックインの後にやるのがベストなんでしょうが、
チェックインの時はなにかとドタバタしちゃいました。

そして軽く水を切って、駐車場に停めてある車のワイパーやボンネットに干します。
なんでしょうか、車のそういう使い方が好きです。

7時過ぎ、友人らも起きてきて素敵な朝食をみんなで頂いて、
美味しいモーニングコーヒーも楽しんで、チェックアウトの準備です。


準備と荷造りとスタッフバッグと丁寧な暮らしが好きな私の宿でのスタイル。
自分の荷物置き場を設定しないとイヤな性格です。


それを娘にも伝授しています。
なんか最近急に整理が出来るようになってきました。小学校1年生。
一生懸命教えようとしても無理でしたけど、
急に自分でやるようになったりしますね。

対してグチャグチャわちゃわちゃ畳むとかやってないどうせ着ちゃえば一緒洗濯機にいれちゃえば一緒的な妻の荷物も写真に撮りましたが、とても掲載出来ません。
これは本当に昔からそうですし、お義母さんに妻のかつての暮らしを聞いてもその通りなので、そういう個性なのです。
ダイバーシティ構想で乗り切ります。




2日目もビーチに行こうかとも話しましたが、
大人たちも子供達も昨日の疲れが残っており、海水浴はやめにしました。


のんびりと真鶴から1時間ほどのドライブをして、箱根彫刻の森へ向かいます。
灼熱の夏の日でした。

子供も楽しめる素敵な美術館です。
子供達は疲れているんだけど、友達と一緒で楽しいし、
テンションの上がる遊具もあって楽しいし、でも疲れが、、、
という不思議なテンションで大変でした。
グズっちゃったりもしたし、疲れているんですよね。

箱根では子連れで大勢でササっと入れるランチを知らないので、
みんなでお昼前に現地解散にしました。

ランチと帰路は各ご家庭でごゆっくりどうぞと。
我が家は道中小田原のマックのドライブスルー。

帰り道は、小田原厚木道路、圏央道、関越道と。
休憩しながらのんびり走って帰宅はたしか16時頃ですかね。

私たちの住む東久留米市は、海は遠いです。
真鶴までは100km弱、千葉の外房エリアですと130km位ですかね。
1泊や2泊程度ですと移動に時間を費やすのも苦手なので、それ位が限界です。


みなさま楽しい夏旅をありがとうございます。
子供達をたくさん連れての旅は楽しいです。
あと何年かしかチャンスはありません。













2018年9月22日土曜日

nemo シャワー





NEMOのポータブルシャワーを導入したので、ベランダで試してみます。


高級シャワーとディス半分ギャグ半分に言われることもありますが、
各部の造りがよくて、これは所有感をも満たしてくれる素敵なプロダクトですね。
 こういう反射というか透けたようなロゴプリントとかカッコいいです。


海水浴の時、場所はビーチ、そこに真水があるって凄い快適って知ってますか。
ちょっとベトつく手を洗う ってだけで、
パラソルの下で飲むビールも、
ポテトチップスも、枝豆も、抜群に美味しくなるんですね。

ここ何年かまだ少数派だと思いますが、
ビーチにポリタンクなどで真水を持ってきている方を見て、羨ましくて真似しました。








nemo helio pressure shower (2018モデル)
2年ほど前から狙っていまして、今季ついに海水浴を前に導入を決めました
2017モデルまではタンク容量が11Lだったのですが、
2018モデルからはなんと倍の22Lになりました。
いきなり2倍。


(水道からタンクに水を入れます)
つまり水を満タンにいれた状態だと22kgにもなってしまいます。
流石に重いだろーデカいだろー、と思いましたね。
市場にはまだ11Lの2017モデルも僅かに流通していたのでどちらにするか悩みどこでした。


(水を入れたあとにフットポンプにて空気を入れます)
サイズ的には11L(2017モデル)もあれば充分ではないか 
という小さい軽いが大好きな思想がありましたが、
それにも勝った理由が「1stロットは買わない」という思想でした。


(パンパンになるまで空気をいれます、簡単です)


なんにつけても1stロットを買うという先見性は本当にカッコいいのですが、
ケチんぼの私は1stロットが持つ危うさに手を出せないのです。
特に今回は、気圧力を扱うというなんともアブナっかしい製品です。
アナログなポンプで、空気をパンパンにして水を出すなんて、
上手くいく要素が少なすぎます。
こういう時は、ブラッシュアップされた最新版が最高だと思っています。
ですので結果、22Lの大きさを覚悟して2018モデルにしました。

そもそも11Lとか22Lと言われてもイマイチぴんと来ないし、
そこは使ってみないと分からない点ですしね。


防災用に水を保管しているグレーのポリタンクはリライアンスの18L。
海に行くときは、車にこれも積んで行きます。
家から水をいれて持っていくのですが、
車内に積んでおくと水がホンノリ暖かくなり、身体を流すのに心地よい水温になってくれます。




 このハンドル部の緑のゴムカバーも2018モデルからの新機能です。
 シャワーを出し続けたい時に、トリガーを開放状態でロック出来ます。
 これは一部の旧モデルユーザーには待望の機能らしいのですが、
私には今のところ不要っぽいです。
水がもったいなくて開放出来ません。


 横にこういうフックとか。


 気が利いてるな~と感心します。


タンクを寝かせて底部
 この日、こういったテストを5分ほどしていたら、
急にシャワーから水が出なくなりました。
説明書を読んだり、いろいろ試してもダメでして、
ふとフットポンプを開けるとこんな赤い樹脂パーツがポロっと落ちてきました。
 これが原因かどうかは分かりませんが、焦りましたね。
海水浴は1週間後に迫っています。
全くシャワーが出なくなってしまいました。


逆にこのタイミングでテストドライブしておいて良かったです。

急いで代理店と購入店に一斉メールで問い合わせしました。
壊れてるっぽいよ、海水浴は来週だよって。

代理店に本製品を送って、何度かメールのやりとりをして、
結果、初期不良という見解になり、代わりに同じ製品の新しいモノを頂きました。
到着は海水浴の3日前です。

一安心。
代えの新品のフットポンプを見ると、
例の赤い樹脂っぽいのはホースの中に付いていました。
もしかしたら以前のはコレが取れちゃったのかもしれません。

では、実際にビーチで使ったレビューはまた今度。



記事ではまだまだ夏です。