2017年9月15日金曜日

summer days 2017 no.02





娘は、私の自転車より妻の自転車が好きです。
いや、ストレートに表現すると、私より妻が好きです。
3人で出掛ける時は、私の後ろには乗りません。
それにしても幼児がBernのヘルメットを被る姿は本当に可愛いと思います。
なんだろう、三頭身なあの感じ。




娘と2人でSUBARUに乗っている時、交通違反で検挙されました。
こういうのは、娘の目にどう映るのでしょうか。



天気の良い朝。
モーニングを買いに行ったドトールのテラス席のワンちゃん。
ドトールの朝のハムタマゴAサンドとアイスコーヒーが大好きです。



shimanoのテンカラ竿
購入して2回目の釣行で折ってしまいました。
眩暈がするほど落ち込んで、半泣きしながら調べるとリペアパーツがあることが分かりました。ホっとしました。
リペアパーツがあるってのは普通に考えたら当たり前の事ですが、テンパってる素人は視野が狭くなりますね。



夕暮れの移動販売の焼き鳥や
鳥と豚とがあります。

その焼き鳥とビールを片手に娘と花火をしたりの夏の夜。
私が小学生の頃、花火は町のおもちゃ屋の軒先でバラ売りしてました。
手持ち花火や吹き上げ花火など1本1個から買えたのですが、最近ではそういった売り方も見ないですね。




この夏、時間があれば釣りに出ます。
餌釣りで、ピョコピョコ釣れます。
テンカラではまだつれていません。
これは確か落合川。

ザリガニとか30年振りの感じ。
ヘビとか、カブトムシとか、尻尾がレインボウカラーのトカゲとか、
素敵な生き物がたくさんいる町で、夏を過ごしています。

この夏、5歳の娘は母親が大好きで、父親はそんなでもない感じになってきてます。

保育園の送迎は、絶対かっちゃんがいい
病院に健診に行くのは、絶対かっちゃんと一緒がいい
今日のお休み、かっちゃんと一緒に遊びたい

とっちゃんとは、行かないよ 
ですって。

2017年9月9日土曜日

summer days2017 no.01



9月に入り、夏が過ぎた感ありますね。
9月ってこんなんでしたっけ。

記事は追いついておりませんが、一応夏を過ごしていました。

清瀬の児童館コロポックルには、じゃぶじゃぶ池があり、最高です。
真夏日、水がある所でないと命の危険を感じてます、over40。


下里の盆踊りに行きました。
どうすればこういう看板が書けるのでしょうか。
そして何年使っているのだろう。

クジ引きで嵐のクリアファイルが当たったのですが、
中身は松潤でなく二宮くんで、全然嬉しくないそうです。
娘はキラキラするなにがしかが大好きです。
帰りの自転車で半分寝てます。
このキラキラステッキを、この夜飲みに行っている妻に見せる と楽しみにしてますが、
妻の帰宅までは起きていられない流れです。




黒目川でチョロっと雑魚釣り。
最近は釣りが楽しくて、30分も時間が空けば竿を持って家を出てます。


家で焼肉をしたいけど、電源式のホットプレートの焼き具合は好きじゃないので、
カセットガス式の「やきまる」って製品を入手しました。
大好きなiwataniのモノです。
煙の発生をなるべくおさえるって事。
早速使ってますので、近いうちにレビュー出来たらと思っています。



オイル漏れのストレスを抱えて走るのもマイってきており、
修理しないとならないサンバーです。
炎天下の中、頑張って走ってる感じが大好きです。



お盆は雨続きでしたね。
母と妻と娘とお墓参りに行きました。

お盆の最中、8/15は、終戦記念日で、母の誕生日で、小生の事業の開業記念日でした。




テンカラの竿に興味があって、
調査を進め、エクセルにまとめています。
(エクセルをブログに貼るって技も身に付けました)


ブランド 製品名 製品名 竿長cm 継数 仕舞寸法cm 重量g 定価¥
がまかつ マルチフレックス
テンカラ水舞EX
40 3.0-3.5-4.0 8 60.5 85 42000
45 3.5-4.0-4.5 8 66.0 95 44000
50 4.0-4.5-5.0 86.0 105 46000
シマノ 天平テンカラ LLS33 3.26 8 48.5 65 16400
LLS36 3.64 9 48.5 73 17600
DAIWA テンカラRT 33 3.30 10 41.0 82 9500
36 3.61 11 41.0 94 9800
NEOテンカラ 32 3.21 8 47.6 77 15000
36 3.59 9 47.6 85 16000
ミノムシ 33 3.30 10 41.0 90 16000
宇崎日新 pro square
スーパーテンカラ
6;4 3.15 7 57 55 12000
3.60 8 57 60 13000
7;3 3.15 7 57 60 13000
3.60 8 57 65 14000


テンカラの竿は、PatagoniaやTenkaraRod co.などの超絶クールな製品もあるのですが、そういったモノはバイブス重視です、上記の表に並べるのは野暮ってものなので入れません。

某友人のアンテナを刺激したいので、リンク貼ります。

Patagonia

2017年9月4日月曜日

近所の川と釣堀へ





娘と釣りをやりたいって願いがあります。
彼女も先日の真鶴でのニジマス釣りは楽しかったようで、またやってもいいかな位には言ってます。
あの魚ちゃんがヒットした瞬間の楽しさを感じて欲しくてですね。

確か春の清瀬の柳瀬川でのあんま釣りでは結果が出せず、
今回はネリ餌とウキを使うベーシックな釣りを、近所の川でやりたいなと。
私のブリジストンwildwestに2人乗りでポイントを巡りますが、
私がここ良さそう って思う所と、彼女がここが良いって思う所、5歳児でも水辺まで安易に近づける所ってなるとなかなかフィットしません。

まあ釣りは二の次でいいから、こんな暑い日は水遊びが出来ればそれでいいのかな。
ド真夏です。
彼女は新しいライフジャケットを試すのも兼ねて、川遊びに夢中です。
水めがねも使って、川貝を採ってます。
すぐ横で私は川の淵を狙って30分ほど釣りをしてましたが、
この日はアタリさえも感じられませんでした。

そんななか、TEVAを履きなよって言ったのに、彼女はお気に入りのキラキラサンダルで川遊びするもんだから、何かの拍子にそのキラキラサンダルが脱げて
どんぶらこ流されてしまい「トっちゃん!!サンダルが流れた~!!」と。

見ると彼女のいる位置から1mほど下流にサンダルは流れ、彼女は追いかけても追いつかないあの感じでした。意外と足は取られるし、サンダルは思ったより速く。
大切にしていたサンダルなのは知っていたので、私は川岸を10mほど下流に走り、
流れるサンダル目掛けてTシャツ姿のまま川に飛び込みました。
そんな時Tシャツを脱ぐ余裕なんてないんですね。
水深は膝下にも満たないですが、ジャボーン!!と飛び込み、
その拍子にちょっとバランスを崩して、尻モチというか背中モチをついてそのまま頭までびしょ濡れになりながら、ゴボゴボと迫る川の流れの中夢中でなんとかキラキラサンダルをキャッチしました。
私は顔と髪にまとわりつく水を犬のようにフリ切り、手に持ったキラキラサンダルを自慢げに娘に見せて、そして二人で顔を合わせて爆笑しました。
娘「トッチャン!びしょ濡れだよ~!!笑」
私「オメーが流すからだろーが!笑」

この夏のピークの一瞬でした。




ランチを済ませてその日の午後、
近所の弁天フィッシングセンターという釣り堀に行きました。
数年前にリニューアルされたようで、施設は全体的にキレイです.

ハードコアにへら鮒釣りを楽しむ方々でそこそこ混雑してますが、
我々ファミリー達が遊ぶ金魚池やコイ池の方は空いていて、
ちゃんとジャンル分けされててお互いに有り難いですね。
そのファミリーエリアの方にあるWCは利用者が少ないのもあってか綺麗で良いです。



Mori Takashiさん(@morishittt)がシェアした投稿 -

5歳、餌を付けたり、針を外したりはまだ出来ませんが、
チョンチョン、、、グイーンと引くウキに、当りを合わせる事は出来て楽しかったようです。



管理棟・売店・食堂はこちらです。
数年前にリニューアルされたとは思えないほどのクラシックス感。
おじちゃんおばちゃんが普通に家具を揃えて、
普通にカレンダー貼って、料金表貼って、
扇風機、時計、のれんとか掛けるとそうなるんだなと思いました。

二人でパピコを食べて帰りました。

8/5



あれ以来、娘は川遊びの時はちゃんとTEVAを履くようになりました。




2017年8月29日火曜日

夏の真鶴旅行2017





学生時代を神奈川県の秦野市と平塚市の県境ですごしました。
今から20年以上前ですね。
のちに卒業し仕事に就くと厚木市や町田市界隈にて暮らします。


(kelty shademaker2が使えて嬉しかったです
そして妻も絶賛してくれて良かった
やはり妻の評価って大事ですね)


その辺りに住んでいた時のツーリングやドライブ。
そこいらを出発地とすると、東に向かうと東京になるのでそちら方面には行きません。西に向かう事がほとんどでした。
R246、R134、東名高速、小田原厚木道路、西湘バイパスを利用しての、箱根、伊豆方面、御殿場、富士五胡方面などですね。
そこからR137で御坂峠を越えて甲府に入ったり。
妻ともよくJimnyでドライブしました。
芦ノ湖スカイライン。
富士五湖巡り。
忍野八海。
伊豆スカイライン。など

JPM一家
(麦わら帽とサングラスは波にのまれて失くしました
被害総額12,000,000ルピアほどでしょうか。
受けたショックはプライスレス)


妻とのそんなドライブの時、予期せず発見したのがこの真鶴岩海水浴場です。
確かあてもなく地図を片手にオモシロスポットを探していたような。
小さな漁村を抜けながら海岸線まで車を走らせるたら、
突然そこにビーチがあって妻と二人で驚いた記憶があります。

イト、真実、アオイ
(湾になっているので波は弱いで有名ですが、この日の波は高かったですね。
真実さんとキッシンは、浮輪にのって波に揉まれてその度に爆笑するって遊びを楽しんでいましたが、大人がちゃんと海に入るスタイルは最高です)



箱根でもなく、湯河原でもなく、熱海でも小田原でもなく、
それらに囲まれた小さな町、真鶴です。
小さくてローカリズム感満載の港とビーチ。
この夏もみんなで旅行に行きました。
幹事は私の妻です。
クラシックな海の家。
厨房のおばちゃん達のオペレーションを、我々のオーダーで完全にバグらせてしまいました。
キッシンのカツカレーで一悶着、
次朗のカツカレーで二悶着、
そしてコダックのカツカレーが最後まで全然来ない、というオチがあり面白かったです。
masaki kishimotoさん(@kishiimo)がシェアした投稿 -
ちなみにここのカツカレーもラーメンもちゃんと美味しいです。
カツはちゃんとブ厚くて満足だし、ラーメンも旧タイプの醤油スープが美味い。

うちの娘は「海ノ家?キョネン食べたトコ?砂とか水が足についたまま食べるのヤダヨ」と、海の家の一番いい所を否定するような感じでして、
ベースキャンプで妻と2人コンビニの冷やし中華を食べてました。
この頃の子供って、足につく砂とか服を少し濡らす水とかをやたら気にする感じなんですけどなんなんでしょうね。




今回の海遊びでちょっと楽しみだった新兵器がこのソーラーシャワーです。
水をいれたタンクを木とか車などに吊るし、タンク下部のホースを辿って最下部のシャワーヘッドから水が出ます。
思ったより良かったです。
帰り際、車に戻った最終局面で、足周りとかチ〇コをサラっと真水で洗えるっていいですね。
このアイテムは今後アップデイトして、より良くしたいですね。




海水浴の後は、ビーチから車で10分ほどの毎年恒例のお宿。
客室同士がオーシャンビューのバルコニーで行き来できるって造りでして、
そんなの子供達には最高です。
もちろん4部屋をまたいでの鬼ごっこ的なサムシングが自然に始まります。
5歳のアオイと4歳のイトが仕切って、3歳のメイコはそれに一生懸命ついていく感じ。
単純にスピードもそうだけど、気持ち的な面でお姉ちゃんたちについていきたいんでしょうね。見ていてたまりません。
応援したい。


ディナーの後のこの修学旅行感。
消灯は21時過ぎかな。
各家庭子供たちを寝かしつけたら、キッシンの部屋に集まって二次会にしよう と言っていたのですが、大人たちもそのまま爆睡してしまい、キッシンの部屋に行けたのは次朗だけでした。
次回はちゃんと部屋飲み会やりたいけど、やっぱり起きてられる自信がないですね~。





翌日はマス釣りセンター。
渓流釣りサイトは団体のお客さんで一杯のため、我々は池釣りサイトでしたが、みんなニジマスが釣れてみんな大興奮で楽しかったです。
ここでもまたキッシンと私は、10年も昔の小田原酒匂川での釣果についてケンカになりました。おそらくお互いの記憶がズレているのでしょうが、ボケって怖いですよ本当に。
釣りはキライ釣れないから と長年言っていたコダックもちゃんと釣れて、この日は楽しかったと言っていました。彼に釣りの楽しさを知って欲しいというのは、私の夢でしたので私も嬉しかったです。
それとファルコがダークホース的にバコバコ釣れて、完全にその後の食べる量を考えておらずウケました。
釣りのあのヒットの瞬間っていうのは、ヒトが全ての悩みを忘れる瞬間と
何かで読んだ覚えがありますが、私自身それは凄く分かります。




解散間際、私が車の鍵が壊れたと慌てていて、
それに妻がしっかりしてよ~と言うのを真似てか、
子供たちから「チャントシロ!チャントシロ!チャントシロ!」と、
「ちゃんとしろコール」が起こって、
そのコールに合わせて3人が私を殴るという遊びが発生し、
最高に可愛かったですけど、本当に痛かったです。
君たちと一緒に遊べるのは、本当に楽しいです。
いつもありがとう。




帰り道、SOTOSOTODAYSという小田原のキャンプ・アウトドアショップに行きました。
コダックが狙っているローベンスというテントを在庫してる珍しいお店のようで、
事前に連絡して張ってもらっていました。
こちらです。
このテントの第一印象に関し、コダックは自身がどうこうよりも、
彼の奥さんが全く興味を示さず、それにより彼の目論見も一瞬で砕け散ったようです。
さあ、コダックのテント選びはふりだしに戻りました。

妻の評価は重要ですよね。



https://sotosotodays.com/




2017年8月21日月曜日

grill and charcoal packers イト坊2





7/16
友人のコダック(父)とイト(娘)が、東久留米まで遊びに来てくれるって事で
一緒に清瀬金山緑地に行きました。
振り返ると2人は5/21にも来てくれているので2ヵ月ぶりですね。
一緒に遊んでくれる仲間たちのおかげで夏のスタートダッシュに成功しています。

毎年感じますが、フジロックの頃で夏は終わります。
実際に終わるわけではありませんが、苗場に向かうバックパック背負ったロックな人々を池袋駅で見て「今週末フジロックか~」と思ってからの
夏の駆け抜けスピードは目を見張るものがありますよね。
7月末です、例年。
LEAD100に二人乗りで向かいます。
このバイクは、秋~冬~春とバッテリーを外して冬眠させるので、
我が家では、夏の季語になっています。
清瀬金山緑地に向かう途中、高さ3m位はあるトウモロコシ畑をこのバイクで走り抜けるのですが、そんなのが最高に夏です。
ただの100ccの原付二種ですが、私にとってオートバイというのは非日常的な乗り物であるわけでして、そういうのに幼少の頃に乗るという娘になにか影響があればと思っています。それは別に将来バイクに乗って欲しいというわけでなく、何か興味があるならば何でもトライ出来る可能性があるよって感じ。





この日は、コダックが新しく購入したサンシェイドの初張りをしました。
新しいギアを使うのはテンション上がります。
skincomのイージーフォーツーシェル。
真実さんが探してきた製品だそうですが、例によってまた珍しいモノですね。

設営はとても簡単で数分で立ちます。
サイズとしては、リビングとして使用するには2人で快適、3人だとギリギリ。
中に2脚のhelinoxを置いても、他に荷物は十分に置けます。
実は私も欲しくなってます。
このスカイブルー色は私のアンテナは刺激されなかったのですが、
別カラーのメロンという色を市場で発見してしまい、急にビンビン来てます。
アブないですね、使い道はもちろん決まっていません。

左に写るパラソルは5.0USドル位のテキトーなモノですが、
このどうでもいいパラソルもその軽量さと設営の簡単さのバランスを考えるとなかなか侮れません。




最初コダックは、暑くてかなわん!とにかく川入ろう!
と言ったのですが、イトは突然の「川ヤダ、入ラナイ私」モードに。。
この齢の子供たちに時折発生するあの謎の断固拒否モード、
なんなんですかね笑

コダックが、イトは熱くなると鼻血を出す、だから川で体を冷やしてほしいのに、、 
と心配していた矢先に、イトがまんまと鼻血を出して、悪い気はしましたが笑ってしまいました。ブシューっとです。
それでも何かの拍子に一瞬で川に入ります。良かった良かった。

この娘たち驚くくらいの怖がりで、リードのように持っている浮き輪の紐を手放すだけで、激ギレします。
キレないでほしいですけど、私も子供の頃プールなど大嫌いだったので分かります。
少しずつ慣れればいいですね。

コダックはこの日、新作のNIKEのアクアシューズとラッシュガードを下しました。
カッコよかったです。
だけど海パンが超絶ダサくてその話をしました。
おそらく丈が長いのです。膝くらいまであります。うむ、確かにその長さ、昔はみんなそうだった気がします。
聞くと10年ほど前に中目黒で購入したBALの製品だそう。
当時満を持して買った一番イケテルやつ、
そういう買い物ってなかなか捨てられないっていう男のダメな習性について反省会をしました。





帰りは我が家に寄ってくれて、二次会が出来ました。

この夜は、私の妻もコダクの妻さんも一緒に友人達と飲みに出てる夜で、
我々はオトコ2人で楽しい話をしました。
夏の遊びの話、キャンプしたい、海行こう、バーベキューしたい、
それに適した車とか、の話。サイコーですね。
また遊びましょう。

最後に、コダクの海パンといえば、2006年のキャンプの時がある意味ピークだったので、
当時の写真を探してきました。
2006



skincom  (スター商事)
http://www.star-corp.co.jp/product/maker15.html



2017年8月17日木曜日

平日の動き





ド平日に、保育園パパママ達と一緒に川遊びバーベキューに行きました。
あきる野市の十里木ランドという所です。我が家から30km強。
サイクリスト的にわかりやすく言うと、武蔵五日市駅から西へ4km程。
保育園の友達が一緒なので、うちの娘もいつもより全然楽しそうでした。

それにしても平日のレジャーはいいですね。
行楽地は空いていますし、世間の空気が浮き足立っていません。
私もかつて平日休みの仕事に従事していた事があり、
その頃はそんな空気が浮き足立ってない感じが好きでした。
逆に土日休みが好きな友人は、空気が浮き足だってないと休日感がない と言っていましたが、その気持ちも今は分かります。
例えば隣のおじさんは朝から庭に水やりをし、
電車は空いていてディズニーに向かう家族連れのテンションが滲みでて、
バイパス沿いの広いコンビニではミニバンから若いコ達がキャっキャと降りてくる。
そんな浮いた足。悪くないです。いや、羨ましいです。


十里木ランド、とても良いスポットでした。
水の流れ、浅さ、たまにエクストリームに深い所、子供たちの目の届く範囲、駐車場の近さ、洗い場も綺麗で、ゴミは捨てて帰れる。
いいところ沢山あるんですけど、平日で空いてたから良く感じたのもあるとは思ったりで、これ土曜日曜日はどんな感じになるんでしょうか。ワチャワチャしちゃうんですかね。




また山クッカーMの話をしてもいいですか?
ユニフレームの山クッカーMは、1.6Lと1.1Lの二つのクッカーセットです。
1.6Lのは米3.5合、1.1Lのは米2.5合が炊けます。
二つ稼働させると6合のゴハンが美味しく炊けます。
左は笑sのB6君を、右はSOTOのヘキサを火元にしています。

バーベキューの時は白いご飯が欲しいタイミングってひとそれぞれ異なる場合があります。ですのでこの二つを時間差で炊くと、炊きたてがいつも食べられるって事にもなります。ベタ惚れですね。



帰り道。およそ90分の道程。
彼女たちはもちろん寝ますよね。
妻と出会って18年位かな?
彼女が運転しない事も、もう当たり前になってます。





・・・


とある平日

私、妻、娘と三人朝起きて、いつものように朝の準備をします。
この日は私が娘を保育園まで送ります。
私の仕事は時間が自由な事が多いので、送りを私がやる事も珍しくありません。

娘を保育園に送った後、自宅に戻った私は大好きな家の事をやります。洗濯や掃除など。
妻は横で同じように片付けをしながらメイクをし、出発の準備をしています。
この辺で、我々夫婦はお互いに相手が休みということをホンノリと知ります。

それから私は、昨日までの忙しかった仕事で散らかってしまった業務車両の整理、材料補充をします。

妻はこれから無印良品に行ったり、所用を済ませに出掛けるそうです。
私は車両の整理が終われば、次はバイクのFブレーキの清掃、自転車のステムの交換、
それと自宅の建具の調整など、普段なかなか出来ない小さなtodoリストを一気に進めます。

ランチは家で一人で無印レトルトのルーロー飯。八角の香をたまに欲します。
妻のランチは、もう出発したので分かりませんがどこかでカフェ飯でもしてるでしょうか。

そんな感じの、私も妻も休日のなんてことない1日が月にいくらかあります。
自然な状態でお互いを干渉しないそんな1日。

彼女と出会って18年、そういうスタイル。








2017年8月7日月曜日

怒らない怒れない



娘と2人の日曜日です。


5歳半の娘、友達と遊びたい願望が強くなってきました。
以前は父親と2人でも特に何も言わず楽しんでくれいてたようですが、
最近は、特に「○△□ちゃんと一緒がいい」と言います。
もちろん大歓迎ですね。

今日は〇〇ちゃんとアソボウ。
△△ちゃん誘おう。
□□ちゃんはどうかな。
 と、楽しい提案をしてくれるのですが、もちろん私はその彼女たちにライトに連絡できる方法を知りません。
妻でしたら、彼女たちのママのLINEアカウントなど軽めのモノを知っているのですが、
男親の私は存じません。

この日は自転車で5分の南沢湧水池に水遊びに行くのに、友達を誘いたいとの娘、
それを叶えるための方法も教えてあげたく、一番クラシックでヘビーな方法
「ノーアポで家までピンポンしに行く」を一緒にやることにしました。
私はママ達のアカウントは知りませんが、お住まいは知っています。
そういった事はホームパーティとかで話す事が多いからですね。
〇×商店の隣のマンションだよ とかそういう感じの。


湧水池で遊ぶ浮輪やサンシェイドなどを私の自転車に山積みにして、
娘と2人乗りで家を出発します。ポッポー!
(写真はGWの時です)



まず初めにTちゃん家、
日曜の朝9時に娘と2人でピンポンしちゃいました。
これは後に妻に注意されました。早すぎるだろーが と。
Tちゃんは、今日は遠い所に住むお友達と用事があると、叶いません。

次はMちゃん家、
Mちゃんの住むマンションは知ってますが、部屋番号は知りません。
郵便受けや、表札を見ても部屋番号が分からず困っていたら、偶然Mちゃんママが出てきました。
経緯を話すと「Mは、昨夜からガールスカウトで件の南沢湧水池でキャンプをしている、
今行けばまだ湧水池にいるんじゃないかな」と。
時間的にスレ違いになる可能性が高いですが、ひとまず湧水池に行けば会えるかもしれません。

最後にYちゃん家。
マンションのエントランスからインターホンを鳴らします。
Yちゃん御一家、在宅でしたがこの日はおばあちゃんと用事があるとの事で、
一緒には遊べませんでした。
誰もつかまらず、しょんぼりする娘です。
それでもこういう事ってのは彼女が小学生になればある事ですからね。
何事も経験かと。

しょんぼりはしてますが、二人乗りで湧水池に向かいます。
娘は、途中西口公園を覗いていこう誰かお友達いるかもしれない と言います。
そうです。湧水池で遊びたいのでなく、どこでもいいので友達と遊びたいのでしょう。
そういう日曜日。
叶えてあげたいですが、今日の今日ではどうにも出来ません。

普段はワチャワチャ賑やかで友達がいることも多い西口公園ですが、
この日は閑散としてて、友達は居ませんでした。
タイミングが合いませんね。

そこから自転車ですとほんの2~3分で湧水池に到着します。
ちょっと見渡した感じ、ここでキャンプしたはずのMちゃんも見当たりません。
娘は、私の自転車の後部座席から降りようとしません。
せっかくだからちょっとジャブジャブして遊ぼうよ と言っても
「イヤダ、遊びたくナイ、帰ル」と。。。。
おいおい。
朝から色々準備した水遊び道具の事を考えると、一瞬イラっとしましたが、
私も気持ちを落ち着かせました。
子供なりの都合とか心情があるのでしょう。
川には入らず、そのまま自宅に向かいました。




南沢湧水池で遊びたくない理由はわかりませんが、
それでは清瀬金山緑地に川遊びに行こう と打診してみると、
じゃあそっちに行くと。
二人は清瀬金山緑地に向かいます。
ここの緑地は我が家からは3kmほどでして、娘の友達に会う可能性はほぼありませんが、彼女なりに何か色々と考えているのでしょう。
裏ピース

いつものように二人で水遊びです。
それでも彼女は友達がいないのでちょっと物足りなさそうです。
清瀬金山緑地はバーベキューが出来るので、ランチはバーベキューにしました。
先日記したユニフレームの山クッカーとSOTOのヘキサ。
今日は、これが使えて私は大満足です。
めちゃくちゃ美味しくご飯が炊けました。
かつて友人の中山マックスが、キャンプ道具などは少しづつ揃えたり、
買い替えたり、買い足したりして、それを現地で使うまでがとても楽しみ。 
1アイテムでも新しいギアがあると、それを使うのが楽しみでウキウキする  
と言ってたのが最近凄く分かります。
ゴールがありそうで無い、そんな遊びですね。


川の流れが穏やかなので、これくらいは川ギリギリでベースキャンプを設営できます。
水が近いのはそれだけで涼しいのでいいですね。


食事のあと、炊飯をした空のクッカーに水を入れて、再度グリルの上で煮立たせようとしました。クッカーに白米がこびりつかないようにですね。
その作業を娘にやってもらおうと思い、その手順を説明したつもりだったのですが、
彼女はクッカーに川の水を汲み、その冷たい水をアツアツのグリルと炭にジュワっ!!
とかけてしまいました。
もちろんワザとではないのですが、私は思わず「アーッ!違う!」と大声を出してしまい、それは娘はもちろん周囲の人も驚くくらいのシャウトになってしまい、
その瞬間私は反省して、大きな声出してゴメンネと彼女に謝りました。

子育ては、とにかくイライラしたり怒ったりとかそういう事をしないで進めていきたいと思っているのです。


7/9